Home > ダイアリー > ただいまぁ!無事帰宅です!!

ただいまぁ!無事帰宅です!!

4月8日(日)13:00、成田空港に無事到着しました。

行きと帰りを合わせると総フライト時間なんと48時間!本当に長かった・・・。まぁ何はともあれ帰ってまいりました。
タイトルを無事帰宅とはしてみたのですが、実はブラジル遠征の2試合目で、右肩の間接と腱を損傷してしまい、身体を動かす事もできず、残りの数日間は『ブラジル/ザ・グルメツアー』になってしまいました(苦笑)。

ブラジル遠征については、後日改めまして詳細をご報告致します。お楽しみに!

という事で、昨日は成田からいつも身体を診ていただいてる先生の治療院へ直行⇒⇒⇒

針やお灸、マッサージのフルコースで傷ついた身体を癒してきました。損傷した部分の周りの筋肉が硬直しはじめ、関節の稼動域が徐々に狭くなっていて、腕を動かす度に痛みが走るので、筋肉を柔らかく柔らかくしてもらい、痛みを抑えながら関節の稼動域を徐々に広げていくという作業を繰り返してました。これからまたしばらくリハビリ生活です(泣)。

しかし、怪我よりももっと怖いモノが古庄亨を襲っています。

『時差ボケ』

本当にきつい・・・。墜ちるという表現がぴったり当てはまるくらい強烈な眠気が襲ってきます。昨日も治療中に知らない間に墜ちていて、電気治療中に針をさしたまま寝てしまい、起きたら電気のコードがぐるんぐるん腕に絡まっていました。しかも痛い方の腕だった・・・。

帰りは帰りで電車を寝過ごし、だいぶ先まで行ってしまった上に、ポケットに入れてあった切符まで無くなっていて、見事なダメ男振りを発揮しております。

夕方の4時~5時位が一番眠たいねん。丁度ブラジルの明け方4時~5時やから、オールした時みたいな感じで、自然に瞼が落ちてくる。

そんなこんなでどうやって帰ったかも記憶に残ってない状態で一夜が明け、今日は朝から遠征の片付けをした後、普段お世話になってる方々や友人へ挨拶に行き、昼からは昨日に引き続き治療院にて治療を受けました。痛みは残ってはいるのですが、昨日よりは肩周りの稼動域が広がっていて力も入るようになっていました。

 怪我の種類だったり状態だったりで全部の怪我がそうだとは言い切れないのですが、怪我をして痛いからといって動かさない方がダメな場合、つまり動かした方が良い場合もあるんですねぇ・・・。
怪我をした箇所の痛みよりも周りの筋肉の硬直によって痛みがひどくなってしまってる場合もあるし、痛い部位と全然関係ない箇所の筋肉を緩めるだけでその痛みがとれてしまったり、つくづく人間の身体って不思議だなぁと思います。今回の怪我の場合、試合中は少し肩が痛いな位の感じでした。その後、皆で食事に行ってる際、今度は肩よりも腕が痛くなってきてそこうしてるうちに腕が上がらなくなり力が入らなくなってきました。
この時肩の痛みは全くなく、自分では腕の怪我だと思ってました。夜、部屋に戻り慌てて日本に電話をかけ先生に状況を説明したところ、

「脇腹のストレッチをして下さい。」

との事でした。いやいや、痛いのは腕やでとは思ったのですが、言われるままに教えてもらった数種類のストレッチをやると・・・。

あらあら不思議!

本当に腕の痛みがとれちゃいました!!!

200704100939000.jpg
(写真はブラジル土産の品々)

腕の痛みは肩の損傷があった際に、身体がその部位を使わないようにして、周辺の筋肉で身体を動かしていて、脇の筋肉が縮まってしまっていて、それに伴い腕の筋肉が引っ張られ続け、痛みが出始めたというわけですね。危うく、本当に怪我してる箇所ではないところをアイシングし続けるところでした。危ない危ない・・・。

怪我の方は早ければ1週間~2週間位で大丈夫みたいです。怪我をしないのにこした事はないのですが、チームのスケジュール的に遠征終了後にシーズンオフに入ったので、タイミング的にはまぁラッキーなのかなと前向きに捉えてます。

明日もきちんとリハビリをして、良い形で新シーズンを迎えられる様に頑張ります。

明日も良い1日にしましょう! おやすみなさい!!!

Home > ダイアリー > ただいまぁ!無事帰宅です!!

Search
Feeds

Return to page top