Home > ダイアリー > 自分の言葉で・・・

自分の言葉で・・・

先日、チーム公式ホームページ&門番人で発表された、「退団のお知らせ」なんだけど・・・。

あまりにも業務的で、それだけって感じで寂しい気もするので、ちょっと補足しますね。

退団が決定してから、当然すぐ発表という流れだったわけではなく、一定期間の時差があったんだけど、何が辛かったって実はブログに入ってくる皆さんのコメントが一番辛かったんですよね~(泣)。

普段なら、本当に感謝いっぱいでテンションがあがる源なんだけど・・・。

「来シーズンも一緒に」とか「ペスカドーラを応援してます」とかって、文字を見るのが辛かったぁ。

もちろん、皆さんが悪いわけでは全くなくて、原因は全部自分にあるのは百も承知なんだけど。

ただ、そのコメントに「来シーズンも宜しく」とか「一緒に戦おう」とかって返せないし、一生懸命に応援してくれてる方達に、嘘をついてるみたいでしんどくなってきちゃって・・・。

それが3月に2週間もの間、ブログ更新をしなかった本当の気持ちです。

申し訳なくて、歯痒くて、ホントごめなさいって感じです。

退団の事は正直しょうがないと思う。監督には監督の役目があり、チームにはチームの役目があり、そして選手には選手の役目がある。3者それぞれに考えがあり、その答えが今回の結果だと思うから。

そこから、どういう考えを持って、どういう行動を取るのかは自分自身だからね。一つの道が閉ざされたら、また別の道を歩き始めればいいだけだからね。

ただ、この「門番人」を通して繋がっている人達に対して、100%でぶつかっていけなかった事がホントに心苦しかった。

皆さんは本当の気持ちやメッセージをぶつけてくれてた。

でもこっちは、本音を隠しながら、当たり障りのない事を記事にしていた。気持ちを共有するというよりは、ただ文章を書く作業をしていた感があって、自分自身がすごい嫌になってました。

期待に応えられない自分の姿も嫌だったしね。

正直、しんどい1ヶ月間でした。でも、沢山の幸せをいただけた、気付かせてくれた1ヶ月でもあったかな。

次回は、その辺りを書いていこうと思ってます。

何はともあれ、やっとまた、正直な気持ち、嬉しい時は嬉しい、悲しい時は悲しい、喜怒哀楽をはっきりと出して、発言出来るんだって思うと、気は楽かな。

今後の展開が楽しみです。

頑張れよ古庄亨! 風がないなら自分で漕げ!!

今後もとも応援宜しくです♪

Comments:7

Comment Form

コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。

とめち♪ 2008年5月 6日 20:39

お疲れ様でした。
今は・・・・その言葉しか見つからないです。

俺はファン感謝デーで色々とお話させていただき、その人柄に親近感が湧いていたので、チームを離れてしまうのは残念です。

ただ・・・・どこへ行っても応援し続けますので、これからも頑張ってください!

また進展があったら(タイミングを見つつ・・・)教えてくださいね♪

ももんが 2008年5月 6日 21:49

ブログ読んで泣けちゃいました(; ;)
退団って読んだとき・・
べスカドーラで頑張ってください!って書き込みしたことで、古庄さんにツライ思いさせちゃったんじゃないかって・・・
だからブログが更新されない時期は正直心配しました。
でも、こうやって古庄さんの本音が聞けて嬉しく思います!

古庄さんにとっては新たなスタートです!
夢があるから強くなる!!
ファンのみんなは応援しています☆☆

勿忘草 2008年5月 6日 22:52

ごめんなさいね・・・
古庄さんの痛みも知らず、書き込んでました。

古庄さんの明るく前向きな生き方が大好きです。
一度だけの人生だから、自分を信じ
古庄さんのペースで歩んでください。
そして、一緒に泣いたり、笑ったり、喜んだりさせてください。

acchanchan 2008年5月 7日 00:59

お待ちしてましたよ~~~
更新ありがとうございます!!
 っまぁ、大人の事情もあったでしょうから、
 あまり自分のことを責めないでくださいね!
これからも、古庄さんの正直な気持ち、
いっぱい聞かせてくださ~い☆
微力ながら、「風」になれたらなぁと思います♪


渡邉 玲 2008年5月 7日 16:15

いつも楽しみに拝読させて頂いておりますo(^-^)o
退団のお知らせは正直とてもびっくりしました…。また、古庄さんのお気持ちを考えると胸がいっぱいになりました…(T_T)でもこれからも素敵な古庄さんに変わりはないのですから!応援していますから頑張ってくださいね(^-^)ノ~~

京都西 2008年5月10日 02:04

退団記事に対するコメント・・・熱く有難いですよね。トッププレーヤーとしてこれ以上ないコメントですよね。 ・・・話が変わりますが、この間、取引先の尊敬する上司からこのような言葉をいただきました。体力・気力の限界あるいは下からの追い上げがはじまり自分の居場所を見失いそうになったとき、「いつまでもサル山の大将でいるのか」それとも「下から這い上がってくる奴にこれまでのノウハウを伝え育てるのか」・・・と。究極の選択であり、自分と置き換えることは非常に難しいと思いますが・・・。高校時代に一緒に先輩からポジションを奪おうと死ぬ気で努力していたあの頃、とあれから10数年がたとうとしている現在。30歳を迎えた我々には、この努力と経験・想いを後輩に託さなければいけないと近頃想い始めました。トップの場所からどこへいくかの選択は非常に厳しいものだとは思いますが、悔いのないようにしてください。私も高校を卒業し、京都・大阪リーグと渡り歩きましたが、30歳までは現役で悔いのないよう思いっきり蹴る。そして、いまは後継者の育成と自分の趣味で蹴りつづけたいなと思っています。いつか、高校時代の思い出を語りながら飲み明かしたいですね(ほんま、おっさんやな~)。支えるファンの声も大切ですが自分を見失わないようにね。

タダッチ 2008年5月13日 10:51

古庄さーーーん!!!

まったくーーー!!って・・・私が連絡おくれました(・_・;)

お疲れさまでした・゜・(PД`q。)・゜・お疲れさまです!
その意思は必ずや間違いなくチームの皆さんに形や姿を変えて継承して行くものでありますよ!
今後において古庄さん・相根さん・久光さん・畠田さん、他方々の意思や思いもきちんと伝わって、さらに強く磨かれていく事だと思います。

なんだかある意味、子育てみたいな環境・心境に近いものを感じます。

かなり私も本部で聞いたときはショックと今後について父さん(代表)にかじりついて聞き、後呂さんにもかじりついて聞いたりしてました(・_・;)
心配しちょりましたーーーーー。

しかしこれも一つの古庄さん個人としての人生の転機。これからこれから!!まだまだこれから!!

少し休んで、また漕ぎ出ししましょうね♪
疲れたらまた休んで、また漕ぎ出しましょう★

タダッチはそろそろチビを乗せて、シーカヤックに挑戦しようと思ってます。子連れタダッチも漕ぎ出すよん♪


Trackbacks:0

TrackBack URL for this entry
http://instinc.jp/mt/mt-tb.cgi/1347
Listed below are links to weblogs that reference
自分の言葉で・・・ from 古庄亨オフィシャルブログ『門番人』

Home > ダイアリー > 自分の言葉で・・・

Search
Feeds

Return to page top